前田日明にオタクの格好させて、メイド喫茶に… って前田さん!なにしてんすかって話

スポンサードリンク



プロレスラーというのは、大変な職業である とつくづく思う。

ハードな練習や相手との駆け引き、興行全体の事を考えたり、プロレスに関心の無い人々へ団体のPRをしたり、ただ試合をするのが仕事ではない

だがその大変なプロレスラーの仕事の中でも、1番自分が大変だな〜 と感じるのは、『自分自身の世界観』を守らなけばならない事だろう。

これはどういう事かと言うと、例えばヒールレスラーが、ニヤケ顔で敵対レスラーと談笑するわけにはいかない。たとえプライベートでどんなに仲が良いとしても…

ベビーの選手が、飲食店で店員に怒鳴り散らしていたら、またたく間にSNSで拡散され、謝罪するまで炎上し続けるであろう。このご時世退団まで追い込まれるかもしれない

自分のイメージというのを守るのは、24時間「そのレスラーで居続ける」という事で、これは気が張るに違いない。

最近のファンは考えが柔軟なので、余りそこまで気にはしないだろうが、一昔前はそれは大変だった。

タイガー・ジェット・シンはプライベートでもヒールを貫き通したという話はかなり有名である。

強面レスラーはやはり近付き難いオーラをまとっているものである。

先日ふとYouTubeである動画を見た。

「路上の伝説 弟」

の異名をもつ、あの有名格闘家の朝倉兄弟の弟、朝倉海選手のチャンネルの動画である。

朝倉選手は前田日明氏がプロデュースを務める『アウトサイダー』出身の選手で、ご存知ない方に端的に説明すると、アウトサイダーとは街のチンピラを集め、合法的に喧嘩させようという、いかにも前田日明らしい興行である

前田日明自身が強面で、近付き難いオーラむんむんなので、街で見かけたとしても気軽に話しかけられない。

さて?どんな動画が上がってるのかな?と見てみると

「前田日明にオタクの格好をさせてメイド喫茶に連れて行ったら大変な事になった」

これを見た瞬間に、あまりの出来事にめまいと共に、自分が「冥土」に招かれそうになった。

あの格闘王と呼ばれた前田日明が、オタクの格好をしているのだから

信じられない…

コレを見たとき、手に握り拳を作りながらも、昔ながらのプロレスファンとしてはこう思わざるを得なかった…

「いいかげんに…

いいぞ…もっとやれ」と

最近芸能人のYouTuberが増え、プロレスラーとて例外ではなく、蝶野や前田日明も続々と参入しているし、これからも増えてくるだろう

マスクマンの正体など一瞬でバレてしまうこのご時世。ハッキリ言って「ヒールレスラーがプライベートまで悪い」なんて思ってる人なんてほぼいないだろう。

むしろドンドン素を晒して、YouTubeで新規のファンを増やし、新規ファンに会場に足を運んでほしい

話は飛ぶが北斗の拳にこんな場面がある。

大男が老婆に変装し、主人公のケンシロウを罠にかける。ケンシロウがそれを見破った時に言ったセリフを思い出した。

大男「オレの変装を見破っていたのか〜」

ケンシロウ「お前のようなババァがいるか
!!」

まさにこの状態になった

「お前のようなオタクがいるか」

スポンサードリンク