新日本女子プロレス誕生!?新日本プロレス親会社ブシロードがスターダムを買収 狙いはコレ?

スポンサードリンク



出典 写真はスポーツ報知より

いつの世の中も女子が強い。

アナタも会社に努めていると、一度は経験した事あるだろうと思うが、お局様を怒らせてしまった時の、眼力の強さはまるで「ナメック星人の目からビーム」に匹敵する

思わず反射的に「サッ」と避けてしまう程の、恐ろしさである

嫁姑の争いは、「ゴジラVSキングギドラ」の闘いに勝る。いやジェイソンVSフレディか

絶対に女を怒らせてはいけない事は、太古の昔から、男のDNAに刻まれている。

そんな恐ろしい女同士の闘いは、熱くて面白い。
それはプロレスとて例外では無い。

今年行われたレッスルマニア35のメインイベントが、ベッキー・リンチ、シャーロット・フレア、ロンダ・ラウジーの女子3WAYマッチだった事は、記憶に新しい

兎に角、今は女子が「熱い」。そんな中こんなニュースが飛び込んできた。

「ブシロードが女子プロレス団体スターダムを買収」

おっと!こんな所まで来たか女子…と思ったり。

以前ケニーオメガが新日本の弱点は「女子がいない」事だと、インタビューで語っていた。この事は僕も凄く納得した

確かにこの世界的ムーブメントには、逆らえない。

「ばっきゃろう!新日本プロレスってのはな、女人禁制って相場が決まってんだこんちくしょう!」

な方々は、今後置いてきぼりを食らうに違いない。

ビジネスにおいて、流行を取り入れる事とスピード感は凄く重要な事だ。例えば、今タピオカが大ブームである。

若い女の子と話がしたい、もてないオジサンは、女の子の目の前でタピオカをズビズビすすってれば、もしかしたら

「それって新作じゃん?」

「そうそう(ズビズビ)オレってタピオカめっちゃ詳しくて〜(ズビズビ)今度(ズビー)一緒に(ズビビビ)」

「……いや、結構です…」

とチョットぐらい女の子とお話するキッカケになるかもしれない。それぐらい流行ってのは大事なのである。

あくまでブシロードが買収した という話であって、新日本とスターダムが合併するとか、そういう話ではない

しかし個人的には「新日本女子」は凄く見てみたいし、そう遠くない未来に必ず実現すると信じている。

メイ社長は、「今はまだ、女子は考えていない。まだまだやる事がある」と言っている

これは逆を返せば「一段落ついたら、女子も考えていいよ」って事である

もしかしたらこのブシロード買収劇。メイ社長の言う「やる事」だったり…じゃあ、それならもしかして? と期待しちゃったり

長々と書いてたが、単刀直入に何が言いたかったかと言うと…

新日本プロレスワールドで木村花が見たい!

ただそれだけ

スポンサードリンク