え?こんな事まで出来ちゃう!?新日本プロレスにお願いがあります!是非あのサービスを!という話

スポンサードリンク



どうもグレート愛です。

皆さんは「第5世代移動通信システム」というモノをニュースで聞いたことはあるだろうか?

いわゆる「5G」の事である。

通信のスピードやサービスは、技術の向上や求められるニーズと共に、発展してきた。出先で携帯の「新日本プロレスワールド」を楽しめちゃうのも、この通信の発展の恩恵である。

3Gの時代では出来なかった事が、4Gで実現できた。プロレスを外でリアルタイムで楽しめるなんて、数年前からは考えもしなかった事だ。

通信技術の発展とは

消費者のこんなサービスが欲しいという欲求   → それを叶える為の技術の開発

という順番で発展してきた

でもこの「5G」は少し事情が今までと違うらしい。どうやら「技術」の方が追いついてしまったらしい

5Gのウリは

●高速通信
●多数同時接続
●低遅延

簡単に言うと、すげーデータ量を、一斉に皆で繋いだって問題ないよ みたいな事らしい

でも、今でもそこそこ満足してるのに、これ以上の通信速度いるかい?
皆で一斉に同じトコに繋いでも何すんのさ? って疑問が湧いてくる 今でも外でも動画とか見れるじゃない

5Gが凄いのはわかったけど、じゃあ何が出来んの? って事なのだ

通信技術がサービスを追い越しちゃった形なのだが、どうやらこれからは「5G」を制す企業が「世界を制す」と言っても過言ではないらしい。

この5Gでどんなサービスを提供出来るか?がこれからの企業の明暗を分けちゃうわけである

スポーツ観戦でも続々と、サービスが始まるらしい。

コチラを見て頂きたいのだが

5Gの通信技術とVR(バーチャルリアリティ)使って、まるで会場で観戦しているかのような気分になれる。それだけじゃなくて

いつでも見たい方向を向いたり、見たい場所で観戦したり、それも自由なのだ

ここで!話をプロレスに戻そう

タイトルにある「新日本プロレスにお願いがある」ってヤツを

ここまで来たら、察しの良い方はお気づきだと思う。

新日本プロレスワールドの追加コンテンツとして、是非ともこのVR観戦サービスを希望したい!メリットは山程ある

もし、5G開始と同時に、新日本がVR観戦サービスを開始したとしよう。

世界一のプロレス団体のWWEが、このVRサービス開始をアナウンスしていない。新日本がWWEに先駆けて、このサービスを開始したら、インパクトは間違い無く大だ

世界のプロレス団体で、いの一番にVRサービスを始めたら、日本の…いや世界中のニュースにもなるかもしれない

そうなった場合より世界に「ニュージャパン」をアピールする事が出来る

〈画像は新日本プロレス公式サイトより〉

そしてプロレスに興味が無かった人にも、会場に来てもらえる(VRで)そしてプロレスの魅力に気付いてもらえるのだ。

「興味あるけど実際に見に行くまではなぁ〜」 という人達に、プロレスに触れてもらえる機会にもなる

身体が不自由だったり、色んな理由で外に出る事が困難な人も、会場の雰囲気を思う存分味わうことができる。

●プロレスならではのサービスも

普通のスポーツVR観戦なら、ただ観客席からプレイを見る という形になるが、プロレスなら色々出来るんじゃないか?と思う
例えば

●レフリー視点

レフリーの頭に、小型のカメラを搭載したヘルメットのようなものを被せ、VR観戦者はその視点を楽しむ。まるで自分がレフリーであるかのような錯覚に陥る事が出来る。

東京ドームのリングから見る視点というの、さぞかし壮大で一度経験したら忘れられないものになるに違いない。

カウントを数える際、寝っ転がって、フローリングや畳をバシバシ叩くべし!飼っているペットを叩かないように注意だ

●解説者視点

解説者だけが見える視点というのも、楽しいだろう。隣をみれば山ちゃん、金沢氏、ミラノさん。

一人ぼっちの部屋でボソボソ喋ってもよし!真壁の解説に相槌打つもよし!

家族に絶対に見られてはいけない。避けられる事は間違いないぞ!

●コーナーポスト視点

コーナーポストからの視点も新鮮だ!
激闘を独自の目線でみれる。アリーナAより近い。

レスラーがぶつかってきたり、登ってきたりする内、変な趣味に目覚めてしまうかもしれない。それは勘弁だ!

色んなサービスが考えられる

これからの時代、サービスは受動的であってはいけないと思う。企業にドンドン「こういうサービスが欲しい!」と発信すべきだと思う。

なぜなら「技術は追いついている」からである。もっと欲張ったっていい

我々は楽しいサービスの対価として、お金を払う。企業はそれで潤う。消費者はもっともっとアイデアを出して、企業を、新日本プロレスを、次のステージに押し上げるべきである

こんなサービスが始まる前に、とりあえず今から床の掃除でもしようか。最高のレフリングをする為に…

スポンサードリンク