あの獣神サンダー・ライガーが○○に!鈴木みのるとシングル決定に

スポンサードリンク



この話は、9月22日に体験した、世にも恐ろしい出来事の、一部始終を記録したものである…。

プロレスマットに突如現れた

『妖怪』

なぜプロレスマットに妖怪が?

日本人は古来より、人智を超えた現象や、非日常的にな事象は全て『妖怪』の仕業であると考えられてきた。つまりは科学や理屈で説明がつかない現象を、全て妖怪のせいにしてきたのである。

日本人は安心していた。科学やテクノロジーで何もかも説明がつくこの現代に。まさに平和ボケである。

「妖怪なんぞいるわけがない」

そう高を括っていた。この平和ボケした日本人を…いや全世界のプロレスファンを嘲笑うかのように、その『妖怪』は突如として、新日本のマットに現れたのである。ライガーが、自分のマスクに手をかけた途端に、白塗りの妖怪が急に出てきたのだ!

一体リング上で何が起こっているのか?

ハッキリ言って何が起こったのか全く理解が出来なかった。確かに僕は新日本プロレスワールドで新日本プロレスを見ていた…ハズである。ではテレビ画面に映るのは、間違いなくレスラーのハズ。…なのに何なんだ 画面に映る生き物は?なんなんだあの白いバケモノは?何なんだ 何なんだ…

獣神サンダー・ライガー だったハズなのに

僕は考えた。

「ああ!そうか、スティングが乱入してきたのか? なーんだ」

……いやどうやらそうでは無さそうだ

僕は必死に画面にある文字を探した
「試合の途中ですが、ここでKISSのライブ中継をお楽しみ下さい」の文字を

いや違う……

「やった!瀬戸内寂聴さんの有り難い法話が聞けるのか」新日本も斬新なサービスを始めたものである。

……いやそうではない
頭の整理がつかないのだ。パニックである

まさか鬼神ライガー!?

どうやら獣神サンダー・ライガーの第二形態の「鬼神ライガー」なるものが存在している事は知っていたし、映像でも少し見たことがあった。それではないか? とも思った

しかし!記憶にある鬼神と、今目の前に見ている鬼神がビジュアルが違いすぎるのである 頭がツルツルやないかい!

8人タッグマッチで闘っていた、獣神サンダー・ライガーは消え、いつの間にかリング上には妖怪が立っていた。ライガーはおそらくコイツに襲われたに違いない!

僕たちの獣神は一体何処へ行ってしまったのだろう?みんなの獣神を返せ!

暴れ回る謎の妖怪

そんな僕たちの願い虚しく、リング上で暴れ回る妖怪。鈴木みのるが妖怪の餌食となってしまった。なんて可哀想なんだ鈴木みのる。

挙げ句のはてに、謎の妖怪の吹き出す不気味な色の液体に、鈴木の顔が真っ黒似染まってしまった。

逃げ惑う鈴木みのるに、追いかける謎の妖怪。これではまるでB級ホラー映画のようではないか!

ようやくバックステージまで逃げ切った鈴木みのるの精神は、あまりの恐怖に遂に崩壊してしまった。

鈴木みのる「あははははははは、はははは」

もう背筋が凍るような光景である。僕はガタガタ震えていた

まだまだ恐怖は続くのである

だが精神が崩壊してしまった鈴木みのるを、妖怪は一切許すことが無かった。容赦は無かった。

まさに「泣きっ面に蜂」ならぬ「精神崩壊に膝」である。バックステージまで追いかけてきた妖怪は、鈴木みのるを膝で葬り去った。

あまりの恐怖で僕はここで失神してしまったのだ。

ところで、どうやら両国で鈴木みのるVS獣神サンダー・ライガーの試合が組まれるらしい。又アイツが姿を現すのか…どうか?

ハッキリ言ってこの戦い目が話せない

スポンサードリンク