プロレスってどうなれば勝ち?等 初心者の為のプロレス講座 その②

スポンサードリンク



どうも!ザ・グレート愛です

今回も、超初心者向けにプロレスに関する素朴な疑問や、今更聞けない事をQ&A方式で答えていきます では行きましょう!

よく聞くベビーやヒールって何なの?

ベビーはベビーフェイスの略で、いわゆる善玉、その対義語で悪役をヒールと呼びます。

プロレスは昔から大きい流れとして、ベビー 対 ヒール の戦いが主流です。

わかり易く言うと ベビー(フェイス)がアンパンマン。ヒールがばいきんマンですね。

何故そんな役割があるかと言うと、非常にわかり易い構図だからなんです。悪の限りを繰り返すヒールレスラーに観客が、我慢出来なくなった所を、ベビーの選手がやっつける。
わかり易く感情移入しやすいですよね?
プロレスには色々なストーリーが存在しますが、基本昔からこの構図は変わってません

日本のプロレス界の父と呼ばれる人で、力道山選手という選手がいます。
1950年代に日本に初めてプロレス団体を作った人ですが、その時プロレスは大ブームでした。

何故あの時代にそこまでプロレスブームが起きたのかと言うと、終戦直後の日本はまだまだ反米感情が高かったのです。

そこで「日本人」が「外人レスラー」を空手チョップで倒す姿に、当時の日本国民が熱狂しました。
力道山VSデストロイヤー戦ではなんと視聴率が64%もあったそうです!

これから分かるように、いかに『感情移入させるか?』が良いレスラーの条件のようです

選手にブーイングしてるのアレ酷くない?

いいえ、そうではありません。
前の質問でも答えましたが、ヒール(悪役)の役割は、人々の感情を逆撫でする事であり、嫌われる事です。

なのでヒールに対するブーイングはイコール(声援)だと思って下さい
1番レスラーが悲しいのが、何も反応が無い無風のような状態なのです。

ヒールからしてみたら、ブーイングというのは「それ見たか!狙い通り」なわけです

ブーイングが大きければ、大きいほどその選手がヒールであれば優秀という事になります。

もしお気に入りの選手が見つかって、その選手がヒールなら、思いっ切りブーイングしてあげましょう!

たまにベビーなのにブーイングされる選手がいます。それは

・会社がその選手を押しすぎてて、ファンの気持ちがついてこれてない場合や

・ただ単にその選手が嫌われている場合

・その選手の実力不足

・しょっぱい(不甲斐ない)試合をした場合 など理由は様々です。

なんで相手の技をよけないんですか?

これは昔から言われているので、聞いた事もある方もおられるかもしれませんが、プロレスといえば『受けの美学』と言われています。

格闘技なら、出来るだけ相手の攻撃を受けずに倒す ですが
プロレスは、相手の攻撃を受ける 受けきった上で勝つ という考え方になります。

何故かというと、相手の攻撃をあえて喰らう事で、強さをアピールすると同時に「相手の良さ」も引き出す事が出来るからなんです。プロレスは個人プレーではありません

わかり易く言うと、もしコレが口喧嘩としたら、格闘技なら相手の喋る前に、一気コッチがまくし立て、相手に喋らせません。

プロレスであれば、あえて相手の意見を全部引き出させます。そして相手が喋る事が無くなった後に、相手を論破します

相手にも喋らせ花をもたせ、さらにその上をいくのですから、ダメージは大きいですね(笑)

プロレスってどうなったら勝ちなの?

ルールは団体で色々ありますが、だいたいフォール(ピンフォール)、ギブアップ、場外カウント、反則勝ち(負け) ですね
一つずつ説明していきます

・フォール

リングに相手の両肩を押し付け、その状態を3秒間維持できれば、勝ちです。そのカウントはレフリーが行います

ただしフォールに入り、3秒経つ前に、相手が片方または両方の肩を上げれば、フォールは無効になります。

・ギブアップ

プロレスには関節技という、相手の関節を逆に曲げたり、ひねったりする技があります。
かけられた選手が耐えきれなくなって、タップ(対戦相手の体を手で何回かポンポンと軽く叩く行為)するか、レフリーにギブアップと宣言すれば試合終了となります。

・場外カウント

リング外(場外と言います)に選手が出ると、レフリーがカウントを始めます。
20秒が終わるまでに、リングに戻ればセーフですが、20秒を超えてまだ場外にいた選手の負けとなります。

自分も対戦相手の選手も、リング外にいて、20秒を超えた場合は両者リングアウトと言って引き分けになります。

・反則勝ち(負け)

何でもありのプロレス。ですが行き過ぎた行為は、レフリーの判断で試合を止める事が出来ます。例えば

凶器をリング内に持ち込み、レフリーが制止しているのに、凶器を使い続ける

一対一の戦いなのに、途中で他の選手が乱入してきて、一対多人数の戦いになる

反則技(目潰し、金的など)をレフリーの制止を無視して、やり続ける などがあります

この場合反則を行った選手の負けになります

さて今回はここまで

どうですか?ちょっと興味出てきましたか?ん?まだ?

じゃあ次回お会いしましょう!

スポンサードリンク