改めてプロレスとは?という質問に答えてみたら… 初心者の為のプロレス講座 その⑨

スポンサードリンク



どうも!皆さんグレート愛です

今回も初心者の為のプロレス講座やっていきましょう!これを見て一回プロレス見てみようかな?と思ってるいただけたら幸いです

ではいってみましょう!

ぶっちゃけプロレスってなんなんですか?

お答えします。実は答えは……ありません。答えになってないですね(笑)

実は25年ほどプロレスを見ていますが、コレがプロレスである!という答えは自分自身見つかっていないんです

「じゃあプロレス講座とかって偉そうに語るなよ!」といった声も聞こえてきそうですね。

四半世紀もプロレスを見ているのに、コレだ という答えが見つからない。実はコレがプロレスの魅力であり、プロレスの奥深さだと思っています

答えが無いってどういう事?

答えが無いというより、その人その人で「プロレス」という概念が「違う」と言い変えたほうがよさそうです

プロレスは何か?と調べてみると ザックリ言うと

リング上での格闘を観客に見せるスポーツ、または興行の事を呼ぶ とある。

ここでまず疑問が出てくる。スポーツ?

プロレスをスポーツと呼んでいいのか?

スポーツってどのジャンルも、プロの世界もありますが、まず「アマチュアでも出来る」というのが、大前提だと思っています

野球、マラソン、体操、ラグビー、鉄棒
これらのスポーツは、アマチュアの世界が存在します。草野球やマラソン、趣味で集まってラグビーもあるでしょう。

ただアマチュアのプロレスラーなんて聞いた事ありません。それは「プロレスごっこ」であり真似事です。レベルが全然違います

これに近いのが学生プロレスやプロレス同好会、子供のプロレスごっこです。

ただ1つ本物のプロレスとは決定的に違う事があります。そうです「興行」という点です。

プロレスごっこや学生プロレスでは、まず間違いなくお客様がチケットを買ってまで、行ってみよう とはなりません。
絶対に集まりません。

全てのプロフェッショナルが揃って、最高の格闘エンターテイメントを魅せる

これをスポーツと呼んで良いかは、分かれると思います

ではプロレスは格闘技なのか?

別の記事でプロレスはプロレス 格闘技は格闘技 と何度も書いたと思います。

格闘技は相手にいかに打たせず、合理的に勝つか を目的にしたスポーツです

プロレスは相手の攻撃を受けきる 受けきった所で、反撃して勝つ

勝ち負けを目的としているなら、相手の攻撃を受ける必要は無いですよね?これは究極の「不合理」です

ただその不合理にこそロマンを感じるのです。(僕の意見です)

ここも意見が分かれる所で、昔は勝ち負けにこだわった、格闘技目線で見るプロレスファンが多く、今のエンターテイメント寄りプロレスは認めん!というオールドファンもいます

全く同じ試合を見ていても、感じ方が違いますよね?おもしろいです

団体の規模や方向性では?

一昔前はメジャー至上主義というか、メジャー団体(規模が大きい新日本や、全日本)以外は認めない という人が多かったのですが、今はそういう傾向はあまり無くなってきています。

デスマッチルール(凶器がOK)や、お笑いをテーマにしたプロレス団体もあります。

素人にはマネができず、客を呼んで興行として成り立っているので、これらもプロレスでは? と思いますが、ここにも認める認めないがあり、人それぞれ考え方は違ってきますね

まとめます

つまりプロレスとは、自分自身が「プロレスだな」と思えば、プロレスなのです
こういったプロレス観の違いで、ファン同士で争いが起こる事もあります。

ですが、それもプロレスの醍醐味と言えるでしょう

今回はどうでしたか?「オレはこう思う」「いや、そうじゃなくて!」という意見が集まれば、集まるほどプロレスを奥の深いものにしている気がしますね

では今回はここまで

スポンサードリンク