プロレスは子供連れて行っても良いの?等 初心者の為のプロレス講座 その⑤

スポンサードリンク



グレート愛です

今回もプロレスに興味があるけど、見た事ないよ〜 という方たちの為に、プロレスの素朴な疑問お答えします

ではまいります!

プロレスは子供を連れて行っても大丈夫ですか?

答えは、はい! です。

むしろプロレスは子供の時から見せるものだと思ってます。
ただ 子供が途中で泣いてしまったり、グズりだすと親御さんの方が大変ですから、ある程度子供が大きくなってからにしましょう。家で子供にプロレスを見せておいて、ある程度慣れさせておいても良いでしょう

少し話が脱線してしまいますが、「プロレスなんて暴力的なモノを子供に見せるなんて!」みたいな事を言う人がたまにいます。

これは間違いです。レスラーのやられてもやられても何度でも立ち上がる姿に、きっと勇気を貰える事でしょう!もしお子さんが悩みを抱えてそうなら、プロレスに連れて行ってあげて下さい。何かが変わるかもしれません

元新日本プロレス所属で、現在ゼロワン所属の大谷晋二郎というレスラーは、プロレスを通していじめ撲滅の運動をしている、素晴らしいレスラーです。プロレスにはそういった側面をあるという事を覚えておいて下さい

テレビで男女混合の試合を見たんだけど あれ何?

昔はプロレスといえば男女完全に分かれてました。一部例外で、大きな大会の時は、男女混合戦は組まれたりしていました。

天龍源一郎VS神取忍 や 東京ドームで行われた 蝶野正洋VSチャイナ などです

ただ世界一の団体のWWEが女子に力を入れており、レッスルマニアという世界最大規模のプロレス大会(10万人以上客が入る時もあります)の今年のメインイベントが、なんと女子の試合でした。これはレッスルマニア史上初の事です。

WWEでは基本的に、男女分かれてますが、たまに混合戦が行われています。日本のスターダムといった女子プロレス団体も、今凄く勢いがありますし、世界のプロレスの流れは女子が来ています。

その流れで日本のプロレスでもたまに女子混合が行われたりしますが、基本的には男女別です。ただ日本で1番大きな団体の、新日本プロレスは、女子の部はありません。新日本プロレスのハロルド・メイ社長も「今は女子を考える段階ではない。まだまだやり残した事がある」と言っています。

ただこの世界的な流れから、もしかしたら新日本プロレス所属の女子選手 みたいな事が起こり得るかもしれませんね

試合見たり、ネット以外にもプロレスを勉強する方法ってありますか?

あります!是非オススメしたい番組があります。
突然ですがアナタはAMAZON PRIME会員でしょうか?AMAZONの商品が配達料が無料になったり、配達の時間帯指定やお届け日を、即日でできちゃったりする便利なサービスです。

これだけでも凄いんですが、実はPRIME会員の特権で、PRIMEオリジナルの番組が見れちゃいます。

その中でくりぃむしちゅーの有田哲平さんがMCを務める「有田と週刊プロレスと』という番組がオススメなんです。

ご存知かもしれませんが、有田さんと言えばプロレスに相当詳しい事で有名ですね。

毎回ゲストを迎えて、有田さんが週刊プロレスのバックナンバーを渡されて(有田さんはどの号が渡されるか、全く知らされてません)それを見ながら有田さんがゲストに、その週刊プロレスの表紙に載っている話題を語るという番組です。

この番組何が凄いかって、過去のプロレスから、最近のプロレス。メジャー団体からインディ団体まで、ありとあらゆるプロレスの知識を学べるだけでなく、それプラス有田さんの話術で、ずっと笑いっぱなしです

有田さんの昔〜最新のプロレスを、即興で面白おかしく語る姿に、ハッキリ言ってい脱帽します
自分はプロレス観戦歴が長く、少しは知ってる方だと思っていたのですが、この番組を見ていると、まだまだ知らないことだらけで、毎回関心させられます。

勿論プロレスの知識が0でも充分楽しめます。是非興味のある方はチェックしてみて下さいね

プロレスのチャンピオンベルトって何ですか?

選手権試合(タイトルマッチと言います)で勝った選手に渡され、その後の選手権試合でその選手が、どこかで負けるまで保有する事が出来る、腰に巻く光り輝く大きいベルトの事です。ベルトを保有している間は、チャンピオンと呼ばれます。

ボクシングの試合などで良く見かけるのではないでしょうか?

勿論勝った選手が保有するので チャンピオン=強さだけ と思われがちですが、誤解を恐れず言うとプロレスのチャンピオンとは『客を呼べる』人の事です。

客を呼べると言うことは、勿論人気という事ですが、更に突っ込んでいくとプロレスにおける人気とは

・強さ ・勢い ・マイクの上手さ ・試合の説得力 ・自己プロデュース力 ・視野の広さ などです

いくら団体側がプッシュしている選手をチャンピオンにしたって、ファンが認めていなかったら、客を呼ぶことは出来ません。

強さ、説得力などに加え、ファンに納得してもらう試合をする コレは大変な事だと思います。でもコレをこなせるのがチャンピオンなんですね

今回はここまでです

いかがでしたか?プロレスは面白いでしょう?え?まだまだ分からない

では次回

スポンサードリンク